スポンサーリンク

旅日記(2018.10.11~10.15)①セントレアに大興奮!そしてぼったくりに遭う@10.11・名古屋~バンコク

旅・移動
この記事は約5分で読めます。

詩恭です。

つい先日まで、日本を離れ【バンコク】に滞在してました。
微笑みの国・タイでろくに英語もしゃべれない私が体験したことを書いていきます。

なお初回からやらかしている模様。

金山駅から中部国際空港(セントレア)へ

出発当日。

家を出ようと考えていた時間から1時間ほど遅れて(理由:寝坊)、金山駅に到着しました。

金山駅もずいぶん雰囲気変わったなあ。

 

中部国際空港に行く手段は3つ。

①車で行く

②リムジンバスで行く

③電車で行く

 

③はさらに3つくらいに分かれます。

③-1 特急で行く

③-2 快速特急で行く(乗り換え要の路線アリ)

③-3 空港特急「ミュースカイ」で行く

私が選んだのは③-3です。

「ミュースカイ」に乗れば30分弱で中部国際空港に行けるからです。若干寝坊していることもあり(笑)時間効率重視です。

なお指定席に乗るには、運賃+360円が必要になりますのでご了承ください。

座席にはこんなホルダーもありますので、車掌さんの切符拝見にも便利です。

こちらも参考にしてください↓

空港線ご利用案内 - 電車のご利用案内 | 名古屋鉄道

セントレアで観光。テナントだけでも楽しい。

そうこうしているうちに、中部国際空港に到着!

チェックインカウンターでスーツケースを預け、身軽になり、多少時間もあるのでせっかくだから観光しようと思い立ちました。

セントレア自体、来るのはずいぶん久しぶりです。
飛行機に乗らなくとも、十分楽しめる施設なんですよ。

 

福井県越前市のアピールなんですが、この龍、全部【和紙】でできているそうです。

チェックインカウンターの上になぜか忍者がw

思わずツイートしてしまったハロウィン仕様の矢場とんでした。

ハロウィン仕様といえば、セントレアのマスコット「なぞの旅人 フー」も。

他にも、愛知県発祥のさまざまな店舗が軒を連ねていました。
ごく一部を紹介します。


知多半島方面へのパックツアーで、必ずと言っていいほど組み込まれているのが「えびせんべいの里」
要はえびせんべいをつくっている工場兼店舗なんですが、せんべいが山積みになっている様子はインパクトがかなりあります。
私も一度だけ行ったことがありますが、工場併設の売り場とセントレアの売り場がかなり似ていてびっくりしました(笑)

えびせんべいの里



特に「山ちゃん」はなぜか見かけてほっとしてしまいました(笑)

他にはこんなのも。

一人旅ならお酒もいいかもしれませんね。

セントレアにはこんなのもあるよ

噂には聞いていましたが、ついに発見してしまいました。

展望温泉【風の湯】
残念ながら入浴の時間はありませんでしたが、一度体験してみたいものです。
果たしてどんな景色が待っているのやら…。

そしてバンコクへ

ひととおり観光も終わって、いよいよ搭乗ゲートへ。

乗り込む際には、「混雑を避けるため」にエコノミークラスの後ろの席から順番に呼ばれました(私は対象ではなかったけど)。こういうこともあるんですね。

そしてシートに行ってみると…


枕にブランケットとは、至れりつくせりですね^^(嬉)

枕は腰に当てて座りました。座りっぱなしって、地味に腰にくるんですよね…

今回のフライトでは各シートにテレビがあったので、退屈することはありませんでした(途中でkindle読書に切り替えたものの)。
サービスも充実してましたよ。

まずはこちら。

軽食…という扱いでいいですよね。

そして機内食。

突っ込みどころが多すぎてw
「chicken or pork?」の問いに「pork!」と答えたせいなのか?
ご飯とパン、おそば、とんかつっぽい何か、サラダ、ゼリー、お水の組み合わせ…


しかも、気のせいかわさびが多めなような…(調整すればいいけど)

そして、一番驚いたのはこちら。

ゼリーの上に金箔がw

いや、美味しかったんですよ。どれもこれも。

強いて言えば、とんかつっぽい何かだけ、不味くはないもののちょっとモサモサ感はありました。

ただ、かなりお腹いっぱいになりました。

途中で飲み物の提供もあり、そしてさらにデザートが追加!
機内食の提供から2、3時間は経過していたと思いますが。


美味しくいただきました。

大満足のフライトでした^^

ホテルへ移動。しかし

そうこうしているうちに、目的地のバンコク・スワンナプーム国際空港に到着!

ホテルへ移動する手段は、荷物の大きさを考えてタクシーを選択。

どうにか捕まえて乗ったはいいものの…料金として700バーツ要求されました。

空港はバンコクの市街地から離れている(23kmくらい)ので、タクシーでバンコク市内に行くなら高速を使った方が早いんですが、高速料金もまとめて要求されます。
今考えると、メーター付きのタクシーではなかったのが痛かったですね…

これも今後のいい勉強ですね。痛いけど。

コメント

  1. […] 旅日記(2018.10.11~10.15)①セントレアに大興奮!そしてぼったくりに遭う@… […]

タイトルとURLをコピーしました