スポンサーリンク

「~レス」の世界は身軽になれる

考えてみた
この記事は約3分で読めます。

詩恭です。

今なおtwitter上で還元の報告が止まない【paypay】

paypay - Twitter検索
paypayに関連する最新のツイートです。みんなのコメントを見て会話に参加してみましょう。

私もよく知らなかったので調べてみたんですが、paypay自体はスマホ決済サービスのアプリで、どうやら利用額の最大20%が電子マネー(paypayポイント)として還元されるようですね。
しかも、運が良ければ利用額全額キャッシュバック!なんてキャンペーンもあるようで。

paypay公式サイト

これはおいしいですよね!
知ってれば絶対利用したのになあ。
なんだか終わりも近そうだし、機会損失してしまった感が…残念。

しかし、これを眺めてみて思ったのは、「~レス」が(じわじわと)浸透していくと人は徐々に、そして確実に身軽になっていく(物理的にも、精神的にも)、ということでした。

日本は確実に「~レス」化している

あまり気付かれてないかもしれないんですが、日本でも確実に【キャッシュレス】が進んでいます

クレジットカード、デビットカードはわかりやすくキャッシュレスの代表例ですよね。
それ以外にも、上に書いたpaypayポイントや、楽天ポイントのようなサイトやアプリ独自のポイントがお金として使えたり。
あるいは、nanacoやWAONカード、Tpointカード等に付与されるポイントも、電子マネーとして使えますよね。
Suikaなど、現金をチャージして使うカードも、広い意味ではキャッシュレスになります。

主に交通系ICカードでのサービスである「オートチャージ」も、キャッシュレスに該当します。

また、業務に紙でなくデータを利用し【ペーパーレス】に取り組む企業も増えています。
ここに関しては、半ば無意識のうちにそうなっていた、という方が正しいのかもしれませんが。

私の経験ですが、スマホの機種変時にサインを求められ、その際に「タブレット」の画面にサインしたことがあります。
最初こそ面食らいましたが、紙も印鑑も不要とのこと。
実に効率的だと感じました。

こんな感じで、日本での「~レス」化は確実に進んでいるんです。

「~レス」化がさらに進むと常識が変わる

では、このまま「~レス」化が進むと何が起こるのか?

確実に言えるのは「重要とされていたものが重要でなくなり、価値も下がり、ついには不要になる」ということです。

さまざまな仮想通貨の台頭も、その流れの中の一つの現象にすぎません。
現在は価値が下がっているようですが、変化に対応し、また復活してくる通貨もおそらくあるでしょう。

そして「常識が変わる」ということも言えます。
キャッシュレスにしろペーパーレスにしろ、【目に見えるもの】ではなく【目に見えないけど確実に存在するもの】に価値があると判断しているわけですから。

これまでの常識ではありえなかったことですよね。

そして、新しい常識が生まれつつあるのが、現代なんです。

人間はもっと身軽になっていく

目に見える貨幣や紙幣を持たなくとも、買い物ができる。
もはやそんな時代になっています。

ペーパーレスも、どんどん浸透していくでしょう。

ゆくゆくは何も持たず身ひとつで出かけて、好きなものを手に入れられる。
それが当たり前の世界になると、私は考えています。決してありえない未来ではないです。

物理的にも精神的にも身軽になり、満たされて暮らしていけるのが理想ですね。

もっと身軽になれば、悩みも心配事もより小さくしていけるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました