スポンサーリンク

旅日記(2018.10.11~10.15)⑤さらなる気付き、サプライズと決意@10.14・バンコク

旅・移動
この記事は約4分で読めます。

詩恭です。

予定はきっちりと決めない方がいい、と普段から考えているんですが、それがいい方向へ行くこともあれば、そうでないこともあります。
ただ自己規律がしっかりしていれば、決めないこともいいことなのかもしれません。
ですが私はよく「忘れてしまう」ので、きっちり決めた方がいいのかも、と最近になって感じました。

予定を変更してでも、重要かつ嬉しいことには乗っかった方がいい。
バンコクでそんなことを実感いたしました。

前回の記事はこちら

旅日記(2018.10.11~10.15)④気付き@10.13・バンコク
詩恭です。 言葉は人を傷つける武器にも、自分を守る防具にもなりえます。 そして、時には心に入り込み、喜怒哀楽の感情を強く呼び起こしたりもします。 「当たり前だろw」と思う人もいるかもしれません。 【当...

当たり前をやれてない

翌日もトレーニングは続きます。

またも一部抜粋します。

 

「楽しいからビジネスをやる」

「結果を追わず、過程を楽しむ」

「背骨がない人にひとはついていかない」

「天才は人のミスから学ぶ」

「『私がワクワクすること』をやる」

短期間での結果を求めてしまいがちな私には、なかなか痛い言葉でした。

 

そして痛感したのは、【当たり前をやれてない】ということ。

誰しもが通る【当たり前】にも、私自身がまだ到達できていないように感じました。

自分は楽しんでいるか?背骨はあるか?

思わず自問してしまいましたが、答えはとても曖昧でした。

この問いにはっきりと答えを返せる私でありたいですね。

40人以上でランチ

お昼時になり、会場近くのレストランへ。
今日は総勢40名以上でのランチです。

メニューのごく一部だけですが、とても豪華でしたよ。
いま普段はまず会うことのない方々と話せて、楽しい時間でした。

もちろん、全員とは話せてません。というか40人以上と話すのは無理です。

さらなる気付き

この日のクライマックスは、最後の最後。

「いなくなったことは悲しいけど、怒ってはいない」という一言でした。

私より先にビジネスを始めた人。後から始めた人。

多くの仲間が参入しては去っていきました。
私より優秀なはずのあの人も、気付いたらいなくなっていたし。

 

以下、かっこ内は心の声

 

(そうか、私は今でも悲しいと思っているのか。もう意味ないのに)

 

かろうじて私は生き残ってはきたものの、いなくなった人をいつまでも悲しんで、自分にまとわりつかせて離れなくしていた、という事実に気付きました。

気付いたら、もう涙が止まりません。

自分の足を引っ張っていたのは他でもない自分自身だった、と気付いてしまったので。

 

(これから先に進むために、亡霊は振り払おう)

 

泣くと案外スッキリするもので、胸のつかえが取れたかのように感じました。

サプライズと決意

さて、イベント自体はつつがなく終了。
帰国すべく空港に向かう仲間を見送りつつ、ホテルに帰ろうかと歩いていたら、突然の朗報が。

【超大物】とばったり出くわし、会場外での食事会に誘われたというのです。

まさにサプライズ。断る理由はなく、急遽指定の会場に向かいました。

オープンカフェならぬ、オープンレストランといった雰囲気でした。

こんなところまであったりして。

中はカラオケボックスでした(笑)まる見えですけど。

食事会直前

その後、いろいろありすぎて夢のようでした。

途中で自己紹介と一言、という時に、半ば無謀に思えるある決意を述べさせていただきました。

根拠はまったくありませんが、なぜか自信はついてしまったので。

もちろん、そのためには協力も必要です。

思考は現実化する。強いイメージを持ってやっていきます。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました