スポンサーリンク

【ネットバンク】ジャパンネット銀行の口座開設がスピーディーすぎる件

やってみた
この記事は約3分で読めます。

詩恭です。

前回、ネットバンクの良さについて、私なりに書いてみました。


「良さはいいけど、店舗ないのにどうやって口座をつくるの?」という疑問にこたえていきます。

今回はジャパンネット銀行について。
一言でいえるのは「思った以上に簡単」です。

口座開設はアプリで!しかし思わぬ罠

ジャパンネット銀行の口座開設はアプリもしくはWEBサイトを利用しています。
今回はアプリ版をみていきます。
はじめに【口座開設】という専用アプリをダウンロードします。

基本的にはアプリの指示通りに進めていけば、問題ありません。

ただ、鬼門なのは本人確認書類(運転免許証)の撮影です。

案外うまくいきません。
私も何度か失敗しました(^_^;)

私のように何度も失敗する!という場合、「撮影のコツ」というページも設けられていますので、そちらを参考にするといいかなと思います。



どうしてもうまくいかなければ、写真のない本人確認書類(保険証やマイナンバーカード等)を郵送する、という最終手段もあります。

撮影がうまくいくと、写真から読み取られた情報が次のページに反映されるので、相違点があれば修正し、写真と一緒に送信します。
その後、登録したメールアドレスにメールが届けば、手続き完了です!

地味だけど重要な「トークン」

メール到着から数日後に、キャッシュカードとトークンが一緒に届きます。
その後、WEBサイトにログインして、初期設定すればすぐに利用できるようになります。

が。ここで突然出てきたトークンとは何か?というと、一定の取引の際にワンタイムパスワードを発行するカードです。

ちなみにこういうものです。

ワンタイムパスワードが必要な時に右下の①を押すと、②に6ケタの数字が表示されるので、それを入力して取引をします。

これで本人確認し、不正取引を防いでいるそうですよ。

もし紛失してしまっても再発行可能なので、早めに手続きしましょう!

なお、トークンを使わずに取引できる方法もあるそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。(ジャパンネット銀行公式ホームページより)

トークン認証なし振込|ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行では、事前に登録しておけばトークンがなくても振り込みができます。
認証パネルアプリ|ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行での振込時にトークンの代わりに本人認証にご利用いただけるアプリです。トークンを携帯したくない方にオススメです。

口座開設の常識が非常識に?

公式ホームページでは「最短5日で口座開設」を謳っていますが、決して誇張ではありません。
私は本人確認書類の撮影でかなりミスしましたが(^_^;)、それでも1週間程度で口座開設できました。

ちなみに本人確認書類を郵送して手続きすると、約2週間で口座開設できるそうです。
その際、印鑑の届け出は不要です。
これまでの銀行なら必須だった「口座開設時の入金」も不要なので、「面倒」「時間がかかる」等の常識はもはや非常識と感じる、かもしれませんね。

何らかの理由で新しく口座をつくりたい方に、強くオススメします!

公式ホームページはこちら
ジャパンネット銀行

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました