スポンサーリンク

【断捨離】捨てれば捨てるほど、「要らない」のハードルが下がっていく。

オススメ
この記事は約3分で読めます。

詩恭です。

何度か記事にしている【断捨離】。

かなり意識してやっているんですが、最近気付いたことがありました。

それは「要らない」のハードルがかなり下がってきた、ということです。

正直言って、捨てることに躊躇がなくなってきています。

大掃除の時期ですし、そのことについて、具体的にお話します。

躊躇なく捨てていける

先日、引越しした際にもかなりたくさんの物を捨てました。

単純にいまの住みかには必要のないものから、せっかくの良い機会だからと手放したものまで。

ためらいはほぼなく、当たり前のように捨てていますね。

ただ、少しでも悩むものは専用の箱(ダンボールですが)をつくり、そこになんでも放り込んであえて取っておいてますw

ただ、放り込んだ際に中をチェックして、要らないと感じたものは捨てています。

私にはそれが合っているのかもしれません。

思いのほか量は変わっていません。むしろ減っていってます。

きっかけは大物を思い切って捨てたこと

物を捨てることに躊躇しなくなったのは、以前、「大きな家具」を捨ててからです。

かなり昔から使い続けてきた【食器棚】【本棚】【ソファー】を、一気にまとめて捨てました。

悩まなかったといえば嘘になりますが、それがないと「困る」というものでもなかったんですよね。

食器棚がなくなっても、食器は別の場所にしまうことができました。

本は大半を売ってしまっていましたので、本棚がなくても不便ではありませんでした。

ソファーがなくなり、少し部屋が広くなりました。

デメリットらしいデメリットはなかったです。

要らないものを捨てる=必要なものが残る、という、ただそれだけでした。

もちろん、後から必要になることもあるかもしれませんが、そうなったらその時にまた手に入れれば良い、と考えました。

その出来事以降、どんなものでも捨てることができる!と考えられるようになり、捨てることに迷いがほぼなくなりました。

そして、明らかに心の中に良い影響がありました。

表現が難しいんですが、何かすごく身軽になっていったんですよね。

縛り付けていた何かがなくなった、と言いますか。

有形無形を問わず、いまの自分に必要なものさえあればそれでいいという気持ちが強くなっていました。

私にとって、最大の変化だったと感じています。

ついに好きだったものを捨てた!

そして、年の瀬の現在。

私はまた捨てることにしました。

それは「競馬」と「テレビ」です。

競馬は20代の時から好きだったんですが、最近はまともに馬券も買っていないので、思い切ってやめることにしました。

テレビを持っていた理由も競馬観戦のためでしたし、特に観たい番組はありませんので、置いておいても意味はないと考えました。

なので、PCのデスクトップ代わりにしましたw

物理的に捨てることも可能でしたが、解像度も高く、テキストも大きく画像も綺麗に見えますので、再利用できるのではないかと思ってやってみました! ケーブルも買いましたし。

Amazon.co.jp: Postta HDMI-DVI変換ケーブル ハイスピード 双方向伝送 金メッキ端子 1M: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Postta HDMI-DVI変換ケーブル ハイスピード 双方向伝送 金メッキ端子 1M: 家電・カメラ

新しい生活のため、新しい自分になるために、新年を前に思い切って捨ててみるのはどうでしょうか? 

見えなかったものが見えてくるきっかけになるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました